アポクリン腺からの分泌を抑制するとワキガは解消する

アポクリン腺からの分泌を抑制するとワキガは解消できるんですよ。

 

ワキガの原因は脇にあるアポクリン腺から分泌される汗と言われています。アポクリン腺から分泌される汗は皮脂が混ざっていて酸化されているので強い臭いが発生してしまいます。そのためアポクリン腺から分泌される汗の量が多くなってしまうと臭いも強くなってワキガになってしまうのです。

 

ワキガを予防していくにはアポクリン腺から分泌される汗を抑制する事が大切になってきます。そのためにはアポクリン腺を活発にさせないようにしなければいけません。アポクリン腺は体内に脂肪が蓄積されてしまうと体温が上がって活性化してしまうので脂質を取り過ぎないという事が大切になってきます。

 

そのため肉類など脂質の多い食べものを控えるようにするとアポクリン腺が活発になるのを防ぐ事が出来ます。ワキガの症状が酷くなってしまうと臭いが周囲に充満して他の人に迷惑をかけてしまいます。そのため症状が酷くない時に対策を初めて、ワキガを解消していく事が大切になってきます。